北野杯 フレンドリーブロック(男子部)出場

本日は男子部より、
北野杯阪南地区大会のフレンドリーブロックに出場してきました。

今回はフレンドリーブロックでの出場ということもあり、5年生以下で低学年中心のメンバーで挑みました。

いつも試合時の合同練習や公式練習では、
Aチームのボール拾いや裏方の事を主にしていましたが、
今日は、Aチームに替わって僕たちがコートの中で
プレーする番です。


その代わり、いつもベンチ入りしている監督や選手は、
コートの外で一生懸命応援です。

今回のフレンドリーチームを任されたサヨコーチが監督、コーチにはミカコーチがベンチ入りし、試合前のミーティングではみんなしっかり監督コーチの話を聞いていました。


試合の結果は
1試合目  vs藤井寺(男子)
      21-9
      21-16

2試合目  vs和泉岸和田めばえ
      12-21
      13-21

まず、1試合目の対藤井寺戦ですが、
よかった点としては、連続サーブが入った事で得点を挙げれたことでしょうか。
まずかった点としては、ボールに集中できずに他人任せにしていたところでしょうか。

続く2試合目の対めばえ戦ですが、
サーブミスが目立った事と、相手からのチャンスボールをきっちり処理
出来ずに、すべてが中途半端になり自滅してしまった事が印象に残りました。



久しぶりにコートの外から試合を観戦して思ったことは、
チームとしてのつながりやまとまりが無いのが目立ってました。

コレは今回のチームのみならず、男子部全体に言える事で、
練習中や試合の応援時について、まったく声が出ておらず(特に高学年)、
監督やコーチから促されないと声が出ない・・・・

また、コート中の6人同士がつながっておらず、声の掛け合いも無く
チームメイトの存在を忘れているかの様な、バラバラな動き・・・・

コレってバレーが上手下手って関係なく、
元気出す・声出す・勝ちたい気持ちを出す
って、初めてバレーした子でも出来る事とちゃうかな??

少し負けてても、
元気出して・声出して・勝ちたい気持ちを出せば
こっちへ流れを持ってこれたりするんちゃうかな??
って思います。

最近特にチーム力というか団結力が薄れてきてるのかなと感じます(泣)。


次週20日のAチームの試合では
元気出す・声出す・勝ちたい気持ちを出す
この事を忘れず、並み居る強豪を倒してもらいたいものです。

色々自分なりの事を言いましたが、プレー面や細かなことは
監督及びコーチのコメントを頂きたいと思います。

最後になりましたが、監督コーチ並びに車出し下さいました保護者の方々、
また、応援に来て頂きました保護者の方々、朝早くから大変有難う御座いました。


PS・・
今日は未来の女子部エースも男子部応援に駆けつけてくれました。
ありがとね。


男子部マネでした。

狭山デルフィーノJr.

兵庫デルフィーノのジュニアチーム。 大阪狭山市を中心に活動している、小学生、中学生のバレボールチームです。

0コメント

  • 1000 / 1000