OEVF秋季決勝大会に出場してきました

11月3日(土)臨海スポーツセンターにて
2012年度大阪府小学生バレーボール連盟秋季大会に
狭山デルフィーノから男子部が出場しました。



この大会は、大阪府下の各支部より勝ち上がってきた強豪が出揃う
大会と言う事もあり、
試合前のウォーミングアップでは、全国大会レベルのチームに
圧倒されている我がチームの選手たちがいました。
(もっと堂々とせんか~い!!)

試合は3試合目と言う事もあり、屋外にて少しボールを使っての
アップを行いました。
この時は、非常に楽しそうにアップをしていたのですが・・・

いざ試合が始まってみると



天井の高い大きい体育館と言う事もあってか、



緊張しまくりで、さっきのアップ時の笑顔が何処えやら・・・。

あっという間に点差が開いてしまい、たまりかねて監督タイムのサイン。



できるだけ緊張をほぐそうとするも、選手たちの表情はイマイチ。。。

でも、コートの外に控えている選手や、



ユニフォームを着れなかったにもかかわらず、観客席で応援してくれている
チームメイト、練習時間を割いてまで応援に駆けつけてくれた女子部高学年の
みんな。




大声援の後押しもあってか1点差まで詰め寄るも、
最後は引き離されてしまい、
1セット目は 13-21 で負けてしまいました。


気持ちを切り替えての2セット目

と、いきたいトコでしたが、1セット目の雰囲気を引きずってか
相手の点数に追いつくも引き離され、また追いつくも引き離され・・・



最後は、少しの技術と勝ちたいと言う気持ちのところで
16-21 で負けてしまいました。


今回の試合は、決定力に欠けている部分が散見された事と
やはりいつも監督やコーチが言っている

”勝ちたいと言う気持ち” 
”絶対拾ってヤルと言う気持ち”
”絶対決めてヤルと言う気持ち”

が、相手より劣っていた事が敗因なのではないでしょうか。

練習でスキルアップは望めますが、
この「気持ち」の部分を鍛えると言うか高めると言う事は
少し時間がかかるような気がします。。。

でもデルフィーノスタッフは知恵を出し合い
この「気持ち」部分を何とかしていきます。


試合後、天気の良い少し肌寒い屋外で全員でお弁当を頂きました。





最後になりましたが、
朝早くから車出しや応援に駆けつけて頂きました保護者の方々、
ありがとうございました。

また、女子部の部員及びスタッフ・保護者の方々、応援ありがとうございました。


男子部マネでした。


  















狭山デルフィーノJr.

兵庫デルフィーノのジュニアチーム。 大阪狭山市を中心に活動している、小学生、中学生のバレボールチームです。

0コメント

  • 1000 / 1000